◆ホーム
◆東洋医学・鍼について
◆カンボジアについて
◆カンボジア施術ギャラリー
◆もみ太郎について
◆ご予約・お問合せ

【外部サイト】
◆もみ太郎治療院
◆マッサージベッド販売
◆在カンボジア大使館(日本語)
◆カンボジア王国政府観光局 (日本語)

◆東洋医学・鍼治療について◆

東洋医学・鍼治療について

東洋医学とは: 東洋医学とは漢方・鍼灸あんま・食物療法で構成される古代中国由来の伝統医療です。
中でも鍼灸は新石器時代にルーツがあると言われています。
私たちになじみ深い「西洋医学」は実証科学的・客観的・分析的で病気に対して画一された 治療をします。
一方、東洋医学では「未病」、つまり病気になる前の体調を直すという考え方に基づいており、 人が持つ自然治癒力を活用する医学です。
心と体を一体化し、自然の力を利用して治癒力を高めたり、病気を予防したりします。
西洋医学と東洋医学: 西洋医学は病気の原因と分析し、特定の器官・臓器に対してピンポイントに治療を施しますが、東洋医学は 原因が特定できないもの、まだ病気になっていない不調に対しての治療をしますので、根本的な考え方・方針が異なっているのでどちらが優れているというわけではありません。
最近では西洋医学と東洋医学を組み合わせ、それぞれの長所を活かした治療法も広がっています。
鍼治療について: 鍼治療とは人の体にある「ツボ」に刺激を与え、免疫力や自然治癒力を高める治療法です。
痛みの緩和、自律神経失調症や神経痛、婦人科系、食欲不振など、多くの疾患に対しての効果が認められています。
その効果はWHO(世界保健機構)でも高く評価されています。
鍼は痛くないの?: 鍼治療を施されている患者さんをご覧になったことがある方は 「あんなにたくさん鍼を刺されて痛くないの?」と思われたことでしょう。
鍼治療で用いる鍼は注射で使われる針よりも細く弾力性があり、先端が丸みを帯びています。
そのため、皮膚を大きく切開することなく皮膚に入りやすいため痛みが少ないと言えます。
ですが、痛みの感じ方は人によってそれぞれですので、痛いと感じる人とそうでない人がいます。
また、部位によっても痛みを感じる度合いが異なります。
もみ太郎では熟練した技でなるべく痛みを感じないよう刺し方に工夫をしながら施術しています。
当治療院で使用している鍼は国産の使い捨て鍼ですので、清潔で安全です。
もみ太郎施術 もみ太郎施術 もみ太郎施術